ブログ

「この大きな水瓶のなかで」の単文
— 2010年11月26日 @ 20:08

またもや大変ブログアップが遅くなりました。が、北鎌倉のポラリスでの展示の際に作品コンセプトとして書いた文章をホームページにのせてほしいというとっても嬉しいあたたかいお声をいただいたので非常に遅くなりましたが載せさせていただきます!

この大きな水瓶のなかで

山道をすすむと

突如あらわれる水のかめ

みなもは緑に覆われて

容易に中をのぞくことはできないが

水はかぎりなく清く

さかなたちはその命の始まりから

透きとおる青に生きる

一艘のふしぎな小舟は

いったいいつからいて

どこにむかっているのだろう

チクタクを知らないこの場所で

今が今である理由がみつからない